TMFにチャンスか? 長期金利下落で利益を得る

スポンサーリンク
投資ブログ

米長期国債の利回りがピークを迎えてきたかもしれません。

以前、レバナスのリスクヘッジとして購入していた米国TMVを利益確定した報告をしました。

本日はその逆のTMFです。

金利が低下するときにしっかり利益を取っていきましょう

スポンサーリンク

米長期国債の利回り

まずは米国長期国債の利回りの推移をみましょう

2022年から急上昇した利回りも、ピークを迎えたのか、下落傾向にあります

TMFの特徴

正式名称はDirexionデイリー20年超米国債ブル3倍ETF

簡単に言うと金利下落で利益がでる仕組みになっています

年間の経費率:0.93% 高いですね 

米国ETFのTMVのメリット?

短期間で米長期国債の利回りが下落すると大きな利益を得ることができる可能性があります。

3倍のレバレッジをかけてます、短期で利益、もしくは大損する可能性があります。

米国ETFのTMVのデメリット?

3倍レバ商品です。値動きが激しく、長期保有していると減価していきます。あくまで短期投資用です
純資産もあまり大きくありません。信託報酬も高めです

米国ETFのTMFのチャート

短期チャートは以下です。

米国ETFのTMV/TMFの購入すべきか?

  • 金利がまだ上昇すると考えるなら、短期でのTMV購入はいいかもしれない。レバナスのリスクヘッジとしてはあり。ただ金利はほぼピークに使づいた可能性がある。

  • 金利が低下していくと考えるなら、短期でTMF購入はいいかもしれないい。レバナスとの組み合わせを考えると、金利が上昇・高止まりするワーストケースを考えると、おすすめできない

  • レバレッジ商品です。長期保有用ではないので気をつけること

コメント