40歳代「氷河期世代」の貯蓄額平均はいくらか。ロスジェネ世代の約半分は200万円以下

スポンサーリンク
雑記ブログ

本日は記事レビューです

40歳代「氷河期世代」の貯蓄額平均はいくらか。ロスジェネ世代の約半分は200万円以下 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

この記事の中で衝撃的なのは、

ロスジェネ世代(40歳代)の約50%が貯蓄額200万円以下ってことです

ロスジェネ世代(40歳代)の貯蓄額の平均を金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(令和3年)」は以下の通りとのこと

思うことは

  • 300万以下が約50%近く
  • 1000万以上も多い約25%。4人に一人が1000万以上ありますね。

まあ、こんなものなのかもしれませんが、

40代は子育て、住宅ローンもありますもんね、普通に暮らしていると生活ギリギリな家庭も多いかもしれません。ローン支払い、退職金が支給される60歳にはある程度まとまった金額になるのでしょう。

住む場所、結婚してるか、子供がいるかで、必要な貯金額も変わってきますので、参考程度に

とはいっても、少しでも生活は楽にしたいですよね、

  • 副業
  • 投資
  • 節約

この辺りをやってくしかなさそうですね。

コメント