米国債券投資信託(AGG、BND)どっち

スポンサーリンク
US株

利上げにより債権が大暴落しています

割安水準と思える価格まで落ちてきました。本日は代表的な債券ETFであるAGGとBNDを見ていきたいと思います

【AGG】iシェアーズ・コア米国総合債券ETF

  • 設定日2003年9月
  • 信託報酬0.06%
  • 対象:米国総合債券 約8000-10000銘柄

【BND】バンガード・米国トータル債券市場ETFとは?

  • 設定日2007年4月
  • 信託報酬 0.05%
  • 対象:米国の投資適格債権全体 約10000銘柄
スポンサーリンク

利回り

過去5年の利回りはこちら。

まとめ AGGとBNDの比較 

あまり細かく見ていっても仕方ないので、簡単に比較しましょう

・保有銘柄柄:BNDが多いがほぼ一緒

・業種:ほぼ同じ

・分配利回り ほぼ同じ

・経費率 ほぼ同じ

・トータルリターン:ほぼ同じ

・買付手数料:楽天証券・SBI證券であればAGGの手数料は無料です

株価チャートはこちら:おなじです

結論 AGGとBNDはどっちを買うべきか?

正直一緒なのでどっちでもいいですね

敢えて言うとしたら、

私は手数料無料のAGGを購入したいと思います。楽天証券ではAGGは買付手数料無料ですので

あとはブラックロックかバンガードの好みの違いでしょうか

債券は株と比較するとマイルドな動きをします。

手堅いインカム狙いでしたらいい商品かもしれません。特に今は債券は大暴落中です。かなり割安になったと思います。

債券でも激しい動きがよければ、TLTあたりも候補になってくるかもしれません。この辺りはまた考えていきたいと思います

US株
スポンサーリンク
シェアする
ROYをフォローする
FIRE 株・投資を考える

コメント