岸田首相、「資産所得倍増プラン」を表明 貯蓄から投資へ

スポンサーリンク

本日も記事をレビュー

岸田文雄首相は5 / 5(日本時間同)、ロンドンの金融街・シティーで講演し、自身が掲げる経済政策「新しい資本主義」の具体策として、日本の個人金融資産約2000兆円を貯蓄から投資へと誘導する「資産所得倍増プラン」を始めると表明した。人材投資や先端技術開発にも積極的に取り組むとし、「安心して日本に投資してほしい。インベスト・イン・キシダ(岸田に投資を)」と呼びかけた。

本当に、岸田さんから貯蓄から投資への施策がでてくるのか?

気になるのは、以前と言ってることが違うのでは??以下のリンクが以前の記事です。

岸田首相、金融所得課税の見直しを検討する意向を示した
 「一律20%の税率を引き上げて税収を増やし、中間層や低所得者に配分することなどを検討する」

金融所得税率、引き上げ議論 | FIRE 株・投資を考える (doragonfire.com)

前回のブログでもアップしましたが、

もしかすると、1億円以上の富裕層には今より高い税金をかけて、

一般向けにはNISA枠を増やすなども検討を考えてるのかもしれません

今は多くの日本人が投資に目を向けている環境です。

安心して投資できる環境にしてほしいです。

コメント