I free next ムーンショット

スポンサーリンク
投資信託
スポンサーリンク

I free NEXT ムーンショットとは?

  • 2021年7/9にI free next シリーズとして登場。
  • S&P Kensho Moonshot指数の動きに連動するインデックスファンド。S&P Kensho指数はeMAXIS NEOでも採用されている指数。AIが自動的に銘柄を選定する。
  • Moonshot指数は創業年数が浅く・急速な成長が期待できるイノベーション企業を中心に構成。
  • 構成銘柄は約50社。銘柄入替は年1回(6月)。半年に一度リバランス
  • 管理費用は年0.77%

S&P Kensho ムーンショット指数のパフォーマンス

NASDAQ100を上回る良好な成績です!

I free NEXT ムーンショットの構成銘柄

次世代のイノベーション企業へ投資の指数です。イノベーション志向が高く、革新的な商品やサービスを生み出す可能性を秘めた次世代のイノベーション企業で構成されてます。成長初期~中期段階にある次世代のイノベーション企業を50社選別します。

  • 構成銘柄は50社。確認しましたが知らない企業ばかり
  • Dropboxなど個別株で購入すると面白そうなハイテク銘柄が多そう
  • SPCEは有人宇宙旅行銘柄

セクターは以下で情報技術が主軸となっています

スポンサーリンク

NEOの自動運転とバーチャルリアリティーとの比較

ムーンショット(白色)Neoの自動運転(オレンジ)バーチャルリアリティー(青色)を上回る成績です。

I free nextムーンショットのメリット

NASDAQ100を上回る圧倒的なリターン

I free nextムーンショットのデメリット

  • 構成銘柄は知らない企業が多い。
  • Moonshot指数は創業年数が浅く・急速な成長が期待できるイノベーション企業を中心に構成されているため、ハイリスク・ハイリターンの商品か?

感想

  • 初期研究開発企業への集中投資なので、株価の上がり・下がりは激しいかもしれない。
  • NASDAQ100に負けていないパフォーマンスは面白い
  • eMAXIS NEOシリーズと同じような投資商品である。パフォーマンスも自動運転・バーチャルリアリティーを上回り良好。今回は見送るが、注目していきたいファンドである

本日はI Free NEXTムーンショットインデックスについて考えてみました。今回は積立を見送りますが、注目していきたいと思います。



Youtubeでも動画をUpしてます!

投資信託
スポンサーリンク
シェアする
ROYをフォローする
FIRE 株・投資を考える

コメント