インフレの後に来るのは?スタグフレーション対策

スポンサーリンク
投資ブログ
スポンサーリンク

インフレに備えるには、

一般的な投資法として、株式、不動産、金が無難と言われています

これらは、過去を振り返っても、インフレに応じて価格が上昇する傾向にあ

今の状況で、何に投資すれば自身の資産を守れるのか悩みながら、引き続き投資について考えていきたいと思います

インフレの後に、何がくるのか?

本日は、スタグフレーションについて考えていきたいと思います

『経済の停滞』と『物価上昇』の同時並行を表わします。

1970年代後半〜80年代に米国で、顕著だった現象です。当時は、『オイル・ショック』が大きな起点となりました。

2022年2月末、USではインフレが起きています。日本でも物価が上昇してきてます。

それに加えて、ロシアとウクライナの戦争。オイルショックとまではいきませんが、

経済の停滞も予想されます

受給バランスの不均衡おきることから、さらなる物価上昇の可能性があると思います

スタグフレーションの対策

対策を考えたいと思います。

一般的に

インフレリスクが高まる局面では、金と商品は相対的に優位なパフォーマンスを示します。

市場環境を4つの局面に分けた場合の、投資対象は以下のようです。

ウクライナ問題がなければ、局面2になると思っていました。

しかし

ロシア・ウクライナ危機が発生。

これが長引けば、経済に深刻な影響を与えて、いきなり局面3に入るかもしれません。

対策として、

私は当面の間、金・コモディティに注目して、少しづつ購入していきたいと思います。

スタグフレーションが来るかどうかはわかりませんが、そんなことになったら大変です。

一方、金利は上がらない、インフレは沈静化する、業績相場に入り景気拡大していくとの声もありますが、

そのストーリーだと、私は株投資がメインであるのでHappyです。

今は最悪の状況を考えて

インフレ局面の入り口である局面2に対応したポートフォリオを構築はしておこうと思っています、それが最悪の状態のスタグフレーション対策にもなると考えます

コメント