日経高配当株50 ETF(1489)について考える

スポンサーリンク
日本株

日経高配当株50ETF(1489)を購入してみました。夢見る配当金生活に活用できるかを考えてみます

過去記事のアップです。

連日の株価上昇で、たった2年弱の投資再開で約120-130万の含み益になりました。これに実現損益と配当金を併せるとたった2年間で約180万近くの資産が増えたことになります。こんなに地合がよくて、好成績になったことは今までありませんでした。正直、これからの株高は、金融バブルに入ったのかなって感じはしています

さて、本日は好調の日本株を見ていきたいと思います

スポンサーリンク

高配当の日本株ETF

私が投資している高配当株のETFの状況をみていきます。

代表的な日本株の高配当ETFは以下(赤色)のような形でしょうか。

日経高配当株50ETFとは?

私は1489と1306を保有しています。

1306は今回の日経爆上げで売却予定。配当金がもらえる1489は引き続き保有しておきます。本日は1489をみていきたいと思います

  • 銘柄コード1489とは? 正式名称はNEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信
  • 日経平均採用銘柄のうち予想配当利回りが高い50社に投資する。つまり、この銘柄に投資すれば日本を代表する高配当企業50社に分散投資ができる
  • 上場は2017年2月13日銘柄入替は年1回
  • 高配当株で主にバリュー株への投資。相場の下落に強いといわれている。
  • 分配金は年4回(1月、4月、7月、10月)
  • 純資産は約410億(2022年9月)と大きくはないですね。

日経高配当株50ETFの基準価額とチャートは以下の通りです

コロナ暴落後は順調に上昇していますね

次に高配当株の上位構成銘柄をみてみましょう

これらの企業で配当利回りはなんと、4.5-5%になります!高配当ですね!

ただし、構成銘柄をよくみてみると、個別株で購入するには迷いそうな企業はありますね。

業種別にはこんな感じです。銀行の割合が大きいですね。銀行株は割安で高配当状態が続いているからでしょうか

日経高配当株50ETFの分配金は?2021年8月

  • このETFの一番の魅力は3か月に1回もらえる分配金です。
  • 基準価額が約4万円で分配金が約1800円。利回りは5%前後です、いいですね!

日経高配当株50ETFのメリット

  • 少額で高配当銘柄への分散投資ができる
  • 配当金がもらえる(インカムゲイン)
  • 分配利回りが高い(約4万円ほどで年間2000円ほど)
  • ETFで保有コストは高くはない

日経高配当株50ETFのデメリット

  • 低成長な銘柄が多い。大きな株価上昇は見込めない
  • 不人気銘柄も含まれている

配当金生活するにはどのくらい必要

  • 簡単にシミュレーションしてみましょう
  • 毎月1万円をもらえるようにするためには約300万円必要ですね。やはり配当金生活は大変そうですね(前提として少し前の株価情報を使用しています)。

私は1489は3株しか保有してませんので約10万円ほど投資して、分配金は年4000円ほどにしかなりません、、

感想・今後について

  • 日経高配当50については、少額で高配当銘柄へ分散投資できる。倒産リスクは軽減できる
  • 主にインカムゲイン狙いになるが、今のところキャピタルゲインもあるので投資は継続する

本日は日経高配当株50ETF(1489)について考えてみました。配当金生活はまだまだ大変そうですが、株価が暴落した時に高配当銘柄も時間をかけて少しづつ増やしていきます

動画verはこちら

日本株
スポンサーリンク
シェアする
ROYをフォローする
FIRE 株・投資を考える

コメント