VTIへの投資 ETF or 投資信託どっちで買うか?

スポンサーリンク
US株

VTIはおすすめの投資対象です!
米国株を幅広くカバーしているのが魅力のファンド。今回は投資信託(楽天VTI)がいいのか?ETFでVTIを購入するのがいいのかを考えていきたいと思います

スポンサーリンク

先に結論を!

  • 投資信託でVTI購入がおすすめな人

少額で決まった金額で積立運用を行いたい

つみたてNISAを利用して長期投資を考えている

ETFでVTI購入がおすすめな人

低コストで運用したい。

リアルタイムの価格で購入したい

投資信託 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)とは?

  • バンガード社が運用するバンガード・トータル・ストック・マーケットETFを主な投資対象とする。
  • CRSP USトータルマーケットインデックスファンドに連動する投資成果を目指す
  • 大型株・中型株・小型株への約4000社に分散投資
  • 設定日は2017年9月29日
  • 経費は0.162%

2021年9月の純資産は約3600億円

楽天VTIの設定来からの基準価額(2021年9月上旬まで)はこちら

私が投資信託の楽天VTIに投資してきた理由(メリット)

  • 大型株・中型株・小型株への分散投資となっている。これ一つで米国株を幅広くカバーできている。米国市場の平均への投資は非常に楽
  • バンガード社のETFであること・人気ETFであること
  • 純資産が大きく・信託報酬も安い
  • 少額で決まった金額で積立運用を行うことができる

過去のパフォーマンスはこちら。10年間中、9年間はプラスですいいですね

投資信託の楽天VTIのデメリット

  • ETFと比較すると信託報酬が高い

それ以外は、あんまりデメリットないように思います

ETFのVTIとは?

  • バンガード社が運用するバンガード・トータル・ストック・マーケットETF
  • 大型株・中型株・小型株への約4000社に分散投資
  • 取引単位は1株から市場価格でリアルタイムの取引
  • 分配金あり。自分で再投資を行う必要あり
  • 経費は0.03%

VTIをETFで購入する場合のメリット

  • 低コストでの運用できる
  • 株式市場でリアルタイムに取引ができる
  • 過去の運用パフォーマンスは高く長期投資に適している

VTIをETFで購入する場合のデメリット

  • 1株あたりの値段が高い
  • ドル替えの為替手数料がかかる
  • 配当にも2重課税がかかる

投資信託VTIとETF VTIの共通点

  • バンガード社のVTIに連動します
  • USの約4000社に幅広く投資できます
  • どちらも低コストで長期投資に向いている

VTI構成銘柄(2021年6月末)

2021年6月末 

楽天VTI社とSBI VTIとETF VTIの簡易比較

続いて、投資信の簡易比較を見てみましょう

主に、信託報酬と再投資の部分ですかね。あとは配当金の2重課税とかを気をつけないといけませんね

まとめ これからVTIに投資したい人

  • 投資信託でVTI購入がおすすめな人(楽天VTI、SBI VTI
  • 少額で決まった金額で積立運用を行いたい
  • つみたてNISAを利用して長期投資を考えている

  • ETFでVTI購入がおすすめな人 (ETF VTI)
  • 低コストで運用したい。
  • リアルタイムの価格で購入したい

全体をまとめると

  • VTIは米国株を幅広くカバーしている魅力のファンド・成績もいい
  • 私は投資信託(楽天VTI)で積立を継続します。VTIは長期投資に向いている商品です。決まった金額を積立するのが私の投資スタイルにあってます。

本日は投資方法は投信がいいのかETFがいいのかを考えました。投資スタイルによると思います、私は、楽天VTIで積立続けます!

US株投資信託
スポンサーリンク
シェアする
ROYをフォローする
FIRE 株・投資を考える

コメント